どの程度の不能を勃起障害と言うことができるでしょうか

MENU

長期服用による副作用はED薬にありますか?

性病治療薬と勃起障害治療薬の販売は比例するのか?

最も高い有名度を持つようになったバイアグラ

勃起障害の症状別の比較表を検討

勃起を起こす細胞内の物質

正しい量を使用して勃起機能障害を解消

勃起の基本原理

体内にサイクリックGMP(グアノシン一リン酸)という物質があります。この物質が細胞内で増加するにつれて、性器の平滑筋がlooseします。男性に作っておいた血管を拡張する特効の物質です。

例えば匂いであったり肌の接触などで性的刺激が脳に届くと、血が性器の海綿体に急激に水道水が流れるように入ります。

詳しくご説明すると、性的刺激が起きたときに体内では一酸化窒素が放出され、細胞内でサイクリックGMP物質が増えます。ここまでは勃起の基本原理です。

それでは刺激があったにもかかわらず、勃起が起こらない勃起障害の原理は何でしょうか?

細胞内でグアノシン一リン酸が増えると、この物質を分解してしまう仕事をするPDE(ホスホジエステラーゼ剤)5という酵素も増え、陰茎の海綿体で2つの物質が戦争をするようになります。

PDE5があまりに多くなると、サイクリックGMPが足りず本来の機能を発揮することができずEDになります。シアリスやレビトラなどのED薬は、PDE5を阻害しサイクリックGMPを増やす効果で特許を取得した薬です。

性行為中に射精が終わってもいないのに勃起が終了するのは、PDE5がサイクリックGMPを熱心に分解した結果で、血管が再び収縮して元の状態に戻る現象です。この現象を中折れといいます。

性的興奮が落ち着いても同様の過程を経て勃起が終了します。

勃起は先ほど説明したように、性的刺激と脳から送る信号、一酸化窒素の放出とPDE(ホスホジエステラーゼ剤)5が阻害されることなど、様々な要素がそれぞれの役割をきちんと実行するときに起こる現象です。どれか一つでも問題があれば、勃起障害に繋がります。代表的には高血圧、動脈硬化のような血管関係の問題、糖尿病などがあります。

クリニックでも入手可能ですが、勃起不全治療薬であるバイアグラは通販だと面倒に感じることもなく安全に購入ができます。